rfjfz's FotoPage

By: rfjfz qwd

[Recommend this Fotopage] | [Share this Fotopage]
View complete fotopage

Thursday, 1-May-2014 02:40 Email | Share | Bookmark
3_13172

うです」と当主。なんと&#38,??????? 6;hellip;…。ちなみに、削った残りはさまざまな加工用にちゃんと再利用されているのでご安心を。氷温下での長期熟成後、細心の注意で配送一般見学は受け付けていないが、全国の、また世界中の関係者が見学に来るという長くて5年、短くても1年は氷温状&#24907,??? ??? ????;で貯蔵させるのがこの蔵の大きな個性だ。磨きが高い米であることと氷温での熟成に由来するのだろうが、よくある琥珀色になった熟成酒とは違い、どこまでも透明で酸化したような風味はなく、キレイなままなめらかさと濃縮感が増していく熟成だ。商品の特性に合わせて熟成の温度を変え、出荷の前には急激な温度変化を避けるため予冷庫に置き、そこで梱包とラベル張りなどを行い、さらには、温度の低い&#22805,????;方に配送・翌朝着を完全に実施するという細心の注意で商品を届ける。しかし……、鑑評会「山田錦純米酒での金賞」&#12399,?????????;まだとれない。完全純米酒にし、精米を極限まで高め、時間と技術をかけ熟成し、細心の注意で配送する。書けば簡単なことのように感じるが、これを維持するのは並大抵ではない。しかし、ここまでやっても、到達しないものがある。それは、全国新酒鑑評会の「金賞」だ。「金賞は、純米の新酒には厳しい」と11代目は言う。造り手の技術力を審査され、受賞すれば造り手のモチベーションが高まるのが、鑑評会の存在意義&#12384,??????? 996;と&#31169,????? ???;は考える。飲み手にとっては、「華やか過ぎて&#12289,?????;地酒の個性がなく、飲み飽きする酒」ばかりが受賞酒で、鑑評会受賞酒には興味がないと言い切る人もいる。しかし、それでも11代目は「アル添(醸造アルコール添加の酒)で、キレのある酒でないと難しい。完全純米酒蔵になる前は、越前最多の金賞受賞蔵だったのですが…」と金取得を1つの目標に掲げるのだ。次ページで、加藤吉平商店の歴史を紹介。栄光の歴史昭和天皇後大典の儀の際の写真を前に語る11代目加藤団秀当主もともと両替商を営むこの地の庄屋であった加藤家。年貢の米で酒を造って還元していた。1860年、桜田門外の変の年。まさに日本の政治と経済が大変革を迎えた年に酒屋を始めた。現在、加藤吉平(きちべえ)商店11代目。酒屋としては6代目になる。掛け軸は、福井藩主松平春嶽公のもの福井県鯖江市吉江町はか&#12398,??? ???????;近松門左衛門が15歳まで過ごした「杉本家」がある地。米と水が良いことから、数件
http://www.experienceproject.com/
http://www.bigroup.com.br/web/site/sistemas/forum/forum_posts.asp?TID=0&PID=0#0


View complete fotopage


© Pidgin Technologies Ltd. 2016

ns4008464.ip-198-27-69.net